広告

News

《 2018.10.3 》

「生涯現役時代へ雇用・社会保障の改革に取り組む」 新厚労相に根本元復興相


《 根本新厚労相 》

第4次安倍改造内閣が発足し、根本匠元復興相が新たに厚生労働相に就任した。
 
「責任の重大さに身の引き締まる思いだ」。根本新厚労相は2日夜に行った会見でそう述べた。「2040年ごろには高齢者数がピークを迎える。誰もがより長く、元気に活躍できる社会を実現していく。健康寿命の延伸や多様な就労・社会参加の環境整備など、生涯現役時代に向けた雇用・社会保障の改革に取り組んでいく」との意向を表明した。
 
根本新厚労相は過去に厚生政務次官を務め、その時に介護保険制度の導入にも携わった経験がある。この日の会見では、「久しぶりに戻ってきたぞという思い。改めてこの分野の仕事ができることになり、大変やりがいを感じる」と挨拶。「これからの時代は医療、年金、介護、社会保障が大事だと思い、初当選の時からこの分野に関わってきた」とも語った。
 
また、「今後の大きな課題は持続可能な制度の構築。しっかり取り組んでいきたい」とも述べた。安倍晋三首相からは、介護予防・健康づくりのインセンティブ措置の強化を図るよう指示されたという。働き方改革や子育て世帯への支援に注力する考えも示した。
 

「リーダーシップの発揮を」

 

安倍首相は2日夕に行った会見で、「我が国が直面する最大の課題は、国難とも呼ぶべき少子高齢化。これに真正面から立ち向かい、全ての世代が安心できる社会保障制度への改革を3年かけて行っていく」と改めて明言。根本新厚労相の起用にも触れ、「復興相として霞が関の縦割り打破に強いリーダーシップを発揮したその手腕で、この大改革を牽引して欲しい」と述べた。
 
新たに「全世代型社会保障改革担当相」を設け、茂木敏充経済再生担当相に兼務させることも表明。「改革は各省庁にまたがる。中核的な役割を担う根本厚労相と緊密に連携して牽引して欲しい」と語った。根本新厚労相は茂木担当相との役割分担について、「改革の中心となるのは厚労省だが、やはり関連する省庁がある。茂木担当相には省庁全体をみてもらい連携していく」と説明した。

広告