Advanced cases
 
 
 
 
 
 
 
 
 

《  2018年10月2日 》

認知症事故の賠償保険はどんな制度か? 大和市はなぜ全国初の導入に踏み切ったのか?



認知症1万人時代に備えるまち − 。今後の超高齢化を念頭に自らをそう明確に位置づける自治体が登場した。以前から「健康都市」を目指す方針を掲げてきた神奈川県大和市だ。
 
徘徊中に起きた事故の損害賠償責任を補償する制度を全国で初めて導入し、改めて大きな注目を集めている。
 
今年4月には「70歳代を高齢者と呼ばない都市 やまと」も新たに宣言。人生100年時代を見据えた前向きな姿勢を広く印象づけた。そこで大和市を訪問。



広告