広告

News

《 2018.9.28 》

特養に介護職として就職したら100万円 宮崎県諸塚村が発表 10月から募集へ


「我々の村のような中山間地域では募集をかけても人が集まらない。抜けた職員の穴が埋まらない」。担当者はそう話している。
 
宮崎県の諸塚村が、村内唯一の特別養護老人ホームで働いてくれる介護職員の確保に向けて、就職した人に5年間で100万円を支給すると公式サイトで発表した。100万円の高額補助は全国でも異例。対象者に移住を求めないことも珍しく、村外から施設に通うこともできる。
 
諸塚村介護人材を確保する! ~諸塚村内の介護施設に就職した方~100万円の補助金を交付します
 
募集は10月1日から開始する。費用を盛り込んだ今年度の補正予算案が定例議会で可決された。
 
条件は勤続5年。55歳以下。ヘルパーや介護福祉士、ケアマネジャー、社会福祉士、看護師などの有資格者だけでなく、これから初任者研修や実務者研修を受けて介護福祉士を目指す意思のある人も応募できる。仕事はあくまでも介護職員。「自然と共に生きる」がキャッチコピーの「もろつかせせらぎの里」が職場となる。
 
100万円は5年間に分けて支払われる。就職時に一時金として10万円、1年目が終わるとさらに10万円。以後、2年目、3年目と20万円ずつ支給されていく。諸塚村は「詳細は村役場住民福祉課までお問い合わせください(0982-65-1119)」と呼びかけている。
 
公式サイトによると諸塚村は「林業と椎茸の村」。人口は1605人で世帯数は680。諸塚山や黒岳など美しく豊かな自然も魅力だ。

広告