NEWS HEADLINES
 
 
 
 
 
 
 
 
 

《  2018年9月25日 》

【特養】重度者優先の流れが加速 要介護2以下の入所者は過去最低の6.7%に



特別養護老人ホームの重度化がさらに進み、要介護2以下の入所者の割合が全体の6.7%とこれまでで最も低くなったことが、厚生労働省が20日に公表した2017年の「介護サービス施設・事業所調査」の結果で明らかになった。
 
前年より1.6ポイント減。
 
受け入れを原則として要介護3以上に限定した2015年のルール見直し以降、“重度者優先”の流れが一段と加速している。



広告