広告

News

《 2018.9.11 》

自分の将来が不安… 多くの介護職が回答 仕事の不満では「賃金」が最多 NCCU


介護職員の労働組合「UAゼンセン日本介護クラフトユニオン(NCCU)」は10日、組合員に今の仕事について尋ねる「就業意識実態調査」の結果を公表した。
 
それによると、「働くうえでの不満はあるか?」との質問に80.6%が「ある」と回答。その理由では「賃金が安い」が57.0%で最も多かった。また、74.0%が働くうえでの不安が「ある」と答えている。具体的な不安の種を聞くと、「自分の将来のこと」が52.7%で最多だった。NCCUの担当者は、「賃金の低さを理由に介護の仕事から離れていく人が少なくない」と改めて問題を提起している。
 
この調査は全国4302人の組合員が対象。月給で働く2026人から有効な回答を得たという。
 
働くうえでの不満では、「賃金が安い」の次に「仕事量が多い(39.9%)」、「何年経っても賃金が上がらない(23.8%)」が多かった。「自分の将来のこと」以外の不安の種では、「適切にサービスができているか(36.7%)」、「サービスの方法などについて意見交換が不十分(18.0%)」が多くなっている。
 
このほか、「介護業界の離職者を減らすためにどんな方法が考えられるか」と尋ねたところ、「賃金を高くする」が77.8%で圧倒的に多かった。有給休暇を「なかなか取れない」「全く取れない」と答えた人が、あわせて40.1%にのぼったことも報告されている。

広告